My Favorite ブログ

熊本窯元めぐりの旅〜天草・丸尾焼きで自分の「好き」を探す〜

更新日:

2015年、2016年とほぼ毎月熊本に行っていた。

6ヶ月間のカリキュラムのブログ講座を開講していたためだ。

1泊2日で毎月行くものの、講座終了後にお友達と夜の熊本を楽しむことはあっても観光というのはほぼしたことがない。

ということで、少し早めの夏休みと称しお友達を訪ねて熊本へ。

今回は完全プライベート。「窯元めぐりがしたい」というわたしのリクエストを叶えてくれた。

天草・丸尾焼き

窯元めぐりがしたい!とは言ったものの、行き先はおまかせ。

連れて行ってくれたのは「天草・丸尾焼き」。

窯元って古〜い日本家屋かなって勝手に想像していたのだけど、なんとも大きなモダンな建物。

熊本天草・丸尾焼き

中はギャラリーになっていてまるで美術館にでも来たのかと思わせるような雰囲気。

綺麗にセンス良く並べられた陶器たちを眺めながら

七星
もしかして、高くて買えないんじゃない・・・??

と怖気づきながら恐る恐る陶器を持ち上げ、チラッと底を見てみた。

七星
あ、結構良心的な値段なんだ・・・

と一安心。

それもそのはず、丸尾焼きのホームページによると

目指すのは、普段着感覚の焼物。
「豊富なバリエーション」
「当たり前のいつでも手にいる焼物」。
生活空間をより豊かにする、日用品としての陶器の可能性を求め、丸尾焼の焼物作りの確かな足どりが続く。

丸尾焼きホームページ・丸尾焼きの歴史より

それを知ってからゆっくりと館内を見て回ることができた、なんとも小心者。

あはははは〜(笑)

普段着感覚の焼き物

この言葉、好きだな。

普段着の器を自分の好きなものにしたい。

これまではこれとは真逆の選択だった。

家にあるのは「お買い得だから」という基準で買い揃えたものやもらいものが中心。

てんでバラバラでときめきも何もない。

その中でもまぁまぁ気に入っていたものだけ数点を残し、ほとんどの器とサヨナラした。

これからは「好きなもの」だけを揃えたい。

そういう意味もあり、窯元めぐりをリクエストしたのだ。

片口のすり鉢

綺麗にレイアウトされた食器の中で目に留まったのが、片口のすり鉢。

コロンとした丸みが愛らしく、サイズ感も丁度イイ。

これいいよ〜。
ドレッシングを作ってそのまま食卓におけるしね〜。
サイズが丁度いいのよ。

とお友達。

さらに

これでお味噌溶いたらお味噌汁が美味しくなるよ。

と・・・

ほぉ。

七星
形も可愛いいし使い道は多そう。 買っちゃおうかな!

食卓が豊かに

というわけで購入したすり鉢がコチラ。

熊本天草・丸尾焼きすり鉢

早速お味噌を溶いてお味噌汁に。

出来上がったお味噌汁。

甘い!マロやか!!

普段味噌漉しで作っている味噌汁となんでこんなに違うの?って思うほど。

嬉しくなって友達に早速LINEをしたら、返事に

食卓が豊かになるよね〜

と・・・

確かに。

「食卓が豊かになる」

ってなんかイイ。

わたしが求めてきたものなのかも。

だからお気に入りの器を探しているのかも。

少しずつ少しずつ、お気に入りのモノを増やしていきたい。

 

好きなモノを並べた食卓は、なんでもない朝食も素敵にする。

朝からワクワクできて活力が湧いてくる。

豊かな食卓って心に余裕が生まれる・・・そんな気がする。

朝食

熊本・天草 丸尾焼き

住所 : 熊本県天草市北原町3−10

電話 : 0969-23-9522

営業 : 10時 ~18時30分 年中無休

URL : http://maruoyaki.com/index.html

投稿者プロフィール

七星 奈津子
七星 奈津子

ブログ集客プロデューサー/ライター/コラムニスト


読者(消費者)との関係をつくり、集客や販売につなげる発信で5年10年後もお客様に愛される会社・お店づくりのためのメディアづくりをサポートしている。


これまで発信してきたもの、持っているコンテンツをわかりやすく見やすい形に編集してコーディネイトすることを得意とする。またコミュニケーションの中で、その人の中にある光るもの・強みを引き出すことも得意。


講座や個別サポートでは、その人ならではの魅力を引き出し、わかりやすく伝わりやすい言葉にして発信するお手伝いをしている。


▶︎詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-My Favorite, ブログ

Copyright© 7stars725.com , 2018 All Rights Reserved.