水無月

オススメ

水無月食べて厄除け!~残りの半年を無病息災で過ごすために~

投稿日:

水無月 (和菓子)

和菓子の一種で、6月30日の夏越祓(なごしのはらえ)に、過ぎた半年の穢れを祓い、来る半年の無病息災を願って食べる。外郎の上に小豆の粒餡を散らしたようなもので、三角形に切り分けて売られることが多い。

Wikipediaより

京都の習わし?のようですね。

実はわたし、食べたことなかったし知らなかったのです。水無月のこと。

大阪生まれの大阪育ちなんですけど・・・

先日参加したお料理教室で水無月を作ったのをきっかけにいろいろと調べてみました。

水無月の由来

旧暦61日は「氷の節句」または「氷の朔日」といわれ、室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていました。この日になると、御所では「氷室(ひむろ)」の氷を取り寄せ、氷を口にして暑気を払いました。

「氷室」とは冬の氷を夏まで保存しておく所のことで、地下など涼しいところを利用して作られた、昔の冷蔵庫のような場所です。京都の北山には「氷室」という名の場所があり、今でもその氷室の跡が残っています。昔はこの北山の氷室から宮中に氷が献上されたと『延喜式』に記され、宮中では氷室の氷の解け具合によってその年の豊凶を占ったといいます。

当時は氷室の氷を口にすると夏痩せしないと信じられ、臣下にも氷片が振舞われたようです。しかし、庶民にとっては夏の水はとても貴重で、ましてや氷など簡単に食べられるものではありません。そこで、宮中の貴族にならって氷をかたどった菓子が作られるようになりました。これが水無月です。水無月の三角形は氷室の氷片を表したもので、上の小豆は悪魔払いの意味を表しています。

甘春堂ホームページより

なるほど~。

「6月30日は水無月を食べる日」ということをきっかけに、こういった歴史を知ることは楽しいですし、こういった習わしを伝えていくことも大事だなって感じました。

水無月を作ってみた

お料理教室で作った水無月。

和菓子を作るなんて、できるのかしら?

なんて思っていたのですが、意外や意外、めっちゃ簡単だったのです。

これならわたしでもできそう♪

と、帰りにさっそく材料を買って帰ったのでした。

水無月材料

ルンルン~♪

早く6月末にならないかな~♪

なんて思いながら心待ちにしていた6月29日。

いただいたレシピをみながら作ってみました。

白玉粉、葛粉、小麦粉、砂糖を水に溶かし型に流しいれ、甘納豆を敷き詰め蒸すこと10分。

できた~!!

水無月

あれ?小豆の上からかけた外郎がちょっと多かった?

でも味はバッチリ!

美味し~い水無月ができました♪

こんなに簡単にできるなんて超感激です。

お料理苦手なわたしが和菓子まで作れちゃったよ~(笑)

また来年も6月末に作りましょ。

 

投稿者プロフィール

七星 奈津子
七星 奈津子

ブログ集客プロデューサー/ライター/コラムニスト


読者(消費者)との関係をつくり、集客や販売につなげる発信で5年10年後もお客様に愛される会社・お店づくりのためのメディアづくりをサポートしている。


これまで発信してきたもの、持っているコンテンツをわかりやすく見やすい形に編集してコーディネイトすることを得意とする。またコミュニケーションの中で、その人の中にある光るもの・強みを引き出すことも得意。


講座や個別サポートでは、その人ならではの魅力を引き出し、わかりやすく伝わりやすい言葉にして発信するお手伝いをしている。


▶︎詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-オススメ

Copyright© 7stars725.com , 2018 All Rights Reserved.