ブログ

わたしはわたしの最強の味方

投稿日:

待ち合わせ時間まで2時間ある。

わたしにとってうれしくない話を聞かされるのはわかっている。

そんな待ち合わせまでの時間つぶし。

喫茶店で本でも読もうかと、本屋へ立ち寄った。

なんとなく浮かない気分を少し軽くしてくれるような本はないかなぁ・・・

そう思っていたときに目に止まったのがこれ。

『あなたは、誰かの大切な人』

これだ!

タイトルだけ見て即買いし、喫茶店へ。

原田マハさんの優しい書き口で綴られた6人の女性の人生。短編小説ということもあり、あっという間に読み終わった。

じわ〜っとあたたかな気持ちになったところで、巻末の解説を読んだ。

冒頭の

生き方を自由に選びる。それはとても理想的なことに聞こえる。しかし、自由は時として孤独をともなうし、それなりの苦労だってある。

の部分で目頭が熱くなった。

そのまま読み進め、最後は

さまざまな出来事を経て自分を見つめていく女性たちの姿を追っていくうちに実感するのは<自分は、自分の大切な人>ということだ。彼女たちはみな、自分と自分のこれまでを受け入れて、これからへと目を向けていく。その姿勢があるからこそ、人は本当に誰かのことを大切に思うことができるし、あるいは自分は誰かに大切に思われていることを信じられるではないだろうか。だから、どんなに辛い人生だって、あなたには絶対、一人は味方がいると思っていい。それは自分自身という、最強の味方だ。あなたを大切に思っている人は、必ずいる。このタイトルは、著者から読者への真摯なメッセージなのである。


と締めくくられていた。

この後の待ち合わせで告げられることはわかっている。

一瞬見た「安心」という光は幻だった。

ちょっと大げさだけど、その時は本気でそう感じていた。

そんな気分の時に読んだこのメッセージにどれだけ勇気付けられたか・・・

わたしには、わたしという最強の味方がいる。

話を聞きにいく前にそう思えたから、言われたことを冷静に受け止められたし、自分の考えも冷静に伝えられた。

おかげでわたしの希望も聞いてもらえ、最初夢見た「安心」とは少し違った形での道ができた。

きっと、これが今のわたしにとって一番歩きやすい道なんだろう。

それが正解かどうかなんてわからない。

だから、今目の前に拓かれた道を楽しもうと思う。

投稿者プロフィール

七星 奈津子
七星 奈津子

ブログ集客プロデューサー/ライター/コラムニスト


読者(消費者)との関係をつくり、集客や販売につなげる発信で5年10年後もお客様に愛される会社・お店づくりのためのメディアづくりをサポートしている。


これまで発信してきたもの、持っているコンテンツをわかりやすく見やすい形に編集してコーディネイトすることを得意とする。またコミュニケーションの中で、その人の中にある光るもの・強みを引き出すことも得意。


講座や個別サポートでは、その人ならではの魅力を引き出し、わかりやすく伝わりやすい言葉にして発信するお手伝いをしている。


▶︎詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ブログ

Copyright© 7stars725.com , 2019 All Rights Reserved.