ブログ

自分を知れば、目標とする人が見えてきた

投稿日:

ビジネススクールのようなところに行って学んでいた頃、ロールモデルとなる目標とする人をあげなさい、というようなことを言われたことが何度かある。

その人のことを真似ることで、少しでも早く活躍できるようになろうという趣旨で・・・

わたしにとって、その質問はとても苦しかった。

目標とする人が思い浮かばなかったから。

目標とする人どころか、参考にするサイトすら思い浮かばなかった。

それは、自分を知らなかったからだろうなぁと今となっては思う。

そんな自分を認めたくなくて、成功している人やサイトをあげてはいたけれど、当然その人のように活躍できるようになんてなれっこない。

「行きたい場所があっても、現在地がわかっていないとナビゲーションができないでしょ」

とはよく言ったもので、本当にその通り・・・だと思う。

ほんの少し前までそんな状態だったわたしにも「あー、こんな文章が書きたいな。そして、こんな風に歳を重ねられればいいな」と思える人が出てきた。

ここ1〜2年、自分と向き合い、わたしが何者なのか、何が得意で何が苦手なのか、何を心地よく思って何に不快を感じるのか等、自分のことが少しずつわかってきたからなのかもしれない。

その人とは、「外の音、内の香」を運営する、ライターの一田憲子さん。

Facebookもインスタもフォローする、完全なるファン(笑)

最新の著書も購入。

『暮らしに必要なものは、自分で決めてもいい。』

一田さんのモノの選び方、選ぶモノの背景や物語。

やっぱり素敵だ。

人は「本能レベル」で求めることが、一番能力を発揮できるもの。

〜中略〜

自分のお腹の底から生まれる望みは、きっとそれをやり遂げる力も一緒に体の中から湧いてくるのだと思います。


いい原稿を書くためには、よく寝なくてはいけません。取材に行っていい話を聞くためにはちゃんと食べておかなくてはいけません。「こうしたい」と目的を決めたら、あれこれ近道を探すより、根っこを整えることが一番確実。歳を重ねて、ようやく遠回りができるようになりました。

「あれをして、これを片付けて」とやらなくてはいけにことが、頭の中に満杯だと、「今」の自分の状況を考えたり、感じたりすることすらできなくなります。でも、頭や心を占領しているあれこれを、一つ、二つと取り去って、素の自分に戻って「あれ?」と振り返る時間もきっと必要。

今のわたしに響いたフレーズ。

もう少し歳を重ね、もう一度読んだら、また違った感じ方をするのかもしれないな。

「一田さんと同じ年齢になった時にもう一度読んでみよう」

と、小さな楽しみもできた。

ちなみに・・・

「外の音、内の香」を知るきっかけとなったのは、わたしが尊敬し、目標とするお料理の先生に教えてもらったこと。

素敵な人は素敵な人を知っているな。

これからのわたしの人生において、目標とする人が二人もできた!

歳を重ねることが楽しみになってきた^^

投稿者プロフィール

七星 奈津子
七星 奈津子

ブログ集客プロデューサー/ライター/コラムニスト


読者(消費者)との関係をつくり、集客や販売につなげる発信で5年10年後もお客様に愛される会社・お店づくりのためのメディアづくりをサポートしている。


これまで発信してきたもの、持っているコンテンツをわかりやすく見やすい形に編集してコーディネイトすることを得意とする。またコミュニケーションの中で、その人の中にある光るもの・強みを引き出すことも得意。


講座や個別サポートでは、その人ならではの魅力を引き出し、わかりやすく伝わりやすい言葉にして発信するお手伝いをしている。


▶︎詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ブログ

Copyright© 7stars725.com , 2019 All Rights Reserved.